忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 別に顔見知りというわけではなかった。彼女のことを知っているというわけでもなかった。それなのに、何故だろう。クラス全体が聡太に注目していて聡太が目をやれば目が合うことになる状況の中、聡太が『目が合った』と認識したのは花一人だけだった。
 朝、昼と、休み時間には聡太の周りに一人は寄ってくる。相手の話を受け流すだけで会話はちっとも頭に入ってこなかった。自分がどう答えたのかも覚えていない。正直なところ、今目の前にいるクラスメートの名前すらもぼんやりとしている。話を聞いていないだとか、ましてや名前もわからないだなんて言ったらどんな反応をするのだろう。怒るだろうか。それともいっそ呆れるのだろうか。
「あ……お弁当忘れちゃった!」
「なんだ、そんなことか」
「そんなことなんかじゃないよ。あたしにとっては一大事!」
 後ろのほうで修と花の話し声が聞こえる。いつも離れているはずの二人の話だけはすっと頭に入ってくるのが不思議だった。聞きたいわけではない。時々もやもやした気持ちになるから、むしろ聞きたくなかった。そんな聡太の意思を無視して、耳を塞いでも聞こえてきそうな修と花の声に聡太はひっそりとため息を吐いた。
 愛想笑いをしていれば周りはそれなりに接してくれた。特別に問題が起こることはなかった。たとえ自分が苦しむことになろうと対人関係で面倒が起るより幾分ましである。ところがここにきて修と花というイレギュラーな存在が現れた。彼らには愛想笑いが通じなかったのだ。他と比べてうっとうしいというのもあるのだが、聡太が二人だけに意識して冷たくする理由はこれが大きい。厄介極まりない。
「あ! 小山くーん!」
 後ろから名前を呼ばれた。そのまま足を止めない聡太を追いかけて一人走ってくる。あっという間に追いつかれて、更には正面に回り込まれて道を塞がれる。花だ。普段から気に留めているつもりはないのに顔を見ずとも誰なのかわかってしまった自分が悔しかった。つい表情も険しくなる。
「今から帰るの?」
 彼女を避けて進もうとするが聡太にぴったりくっついて動くので進めない。あたしは部活なんだという花は、なるほど、制服から動きやすいTシャツとハーフパンツに着替えていた。髪も邪魔にならないようにまとめられている。
「小山くんは部活に入ってないんだよね。今からでもオッケーっていう部活あるよ」
 右に左に忙しない。早く部活に行ってしまえばいいのに。遅刻するのも構わないような花にしびれを切らせた聡太は強行突破にでた。自分にも時間があるのだ。間に合わなかったら何と言われるか。主にあの人。実に面倒である。
 このときの聡太は時間のことしか頭になかった。
「ねえ、小山くん」
 すれ違った聡太の腕を掴まず、また追いかけて立ち塞がりもせず、その代わりに花は一人呟くような声で話しかけた。小さな声ははっきりと聞こえ聡太を立ち止まらせる。
「あたし、親がいないの」
 周りの音がなくなった。時間が止まってしまったみたいだった。誰も通らない。二人きり。振り向くと花と目が合う。まっすぐで澄んだ瞳だった。悲しさは全く滲んでいなかった。
「小山くんもさ、親、いないんじゃない?」
 このときの聡太は時間のことしか頭になかった。修も花も深く入り込んではこなかったから、心のどこかで、知らないうちに安心していたのかもしれない。
 だから、まさかこんなことを聞かれるなんて思いもしなかったのだ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
・・――サイト案内――・・
                                日記・イラスト・小説を更新していくブログです                               HNの表記は、ひらがなでも、カタカナでも、漢字でも、アルファベットでも何でもよいです                                ほのぼの・ほっこりした小説を目指してます                                 絵に関してはイラストというより落書きが多いかも…                                                      と、とにもかくにも、ポジティブなのかネガティブなのかわからないtsubakiがお送りします
最新コメント
[04/08 つねさん]
[12/10 クレスチアン」]
[03/18 りーん]
[09/30 弥生]
[08/08 クレスチアン]
ポチッと押してみようか
blogram投票ボタン
プロフィール
HN:
tsubaki
性別:
女性
自己紹介:
ものごとを『おもしろい』か『おもしろくない』かで分けてる“へなちょこりん”です
外ではA型、家ではB型と言われます(*本当はB型)
家族に言わせれば『しゃべりだすとおもしろい』らしい
寒天と柑橘が大好きです^^
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
PR
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501