忍者ブログ
[617]  [616]  [615]  [614]  [613]  [612]  [611
「足上進です。よろしくお願いします」

 にこやかに自己紹介をする少年を、周りと差のない程度に紗和はじっと見つめていた。

 中学校に上がり、他の地区から新しく入ってきたクラスメイトはたしかにいた。しかしながら『彼女』は『彼』ではない。それは何の違和感もない、だが、紗和にとってのみ初めて遭遇したイレギュラーだ。

 このような理解の範疇から外れた状況に自分が立たされている原因として、彼が何かしら関わっているに違いないと紗和は踏んでいた。考えないわけがなかった。

 どうにかして足上進と接触を図らなければならない。

 とはいえ、自分以外の人間に『八森紗和らしくない』行動をとっていると思われてしまうのは彼女にとって大変不本意なことである。あくまで『中学校に入学したばかりの八森紗和』として自然な形でことを運びたかった。

 例えば、足上進と二人きりで話ができるような場面をつくることができるなら、周りの目に遠慮することもなく真相に近付き、かつ、上手くいけば『元の八森紗和』に戻る策を講じられる。

 紗和は逸る気持ちを抑えながら辛抱強く機会を待った。

 朝に家を出てから、授業の前後、休み時間、放課後、夕方に家へ帰るまで。ひたすら神経を尖らせてタイミングを窺う紗和の姿は、傍から見れば異様で本末転倒となってしまっていたかもしれない。それほどまでに紗和は元の自分に戻りたかったのだ。

 ――何が悲しくて大切な人の死という痛みを二度も味わわなければならないのだろうか。

 望みが叶ったのは入学して初めての休みを迎える前日、金曜日にある委員会の時間だった。

 紗和の務める学級委員は三年生の委員長を含めて各学年に男女一人ずつ。一年生からは紗和と足上進が選ばれていた。人数は少ないが、他の委員会と比べてこの時間にすべき活動はほとんどない。はじめにお互いの紹介と連絡事項の確認が済むと、勝手知ったるというように二年生も三年生も一人、また一人と教室を出ていく。生徒会や他の委員会に顔を出してくるらしい。

 気付けば紗和と足上進は二人、教室に取り残されていた。

 またとない、これはチャンスだ。

 二人きりなら他を気にせず話を聞くことができる。だからこの際、単刀直入に聞こうと、紗和は足上進に迫った。

「あなた、誰なの」

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
・・――サイト案内――・・
                                日記・イラスト・小説を更新していくブログです                               HNの表記は、ひらがなでも、カタカナでも、漢字でも、アルファベットでも何でもよいです                                ほのぼの・ほっこりした小説を目指してます                                 絵に関してはイラストというより落書きが多いかも…                                                      と、とにもかくにも、ポジティブなのかネガティブなのかわからないtsubakiがお送りします
最新コメント
[04/08 つねさん]
[12/10 クレスチアン」]
[03/18 りーん]
[09/30 弥生]
[08/08 クレスチアン]
ポチッと押してみようか
blogram投票ボタン
プロフィール
HN:
tsubaki
性別:
女性
自己紹介:
ものごとを『おもしろい』か『おもしろくない』かで分けてる“へなちょこりん”です
外ではA型、家ではB型と言われます(*本当はB型)
家族に言わせれば『しゃべりだすとおもしろい』らしい
寒天と柑橘が大好きです^^
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
Template designed by YURI