忍者ブログ
<西>

 小山はきっと、宮守と寺岡、そして彼自身、その三人にだけしか色のない景色を見ているのだろうと思っていた。それ以外の人間、例えば僕らなんかは、仮に小山の視界に入ったとしても、色のない、モノトーンに描かれた、そんな世界。
 偶然に見かけたいつもの三人。小山、宮守、寺岡。最近ではよく見られる組み合わせ。ただ、そこで僕が耳にした台詞は、初めて『小山聡太』という人間を見たと感じさせるものだった。
「いい加減にしてくれ。うっとうしい」
 同じクラスで、学校に行けば毎日顔を合わせるはずなのに、そこにいたのは僕の、いや、僕らの知っている彼とはまるで別人だった。
 今、彼の周りに人が集まってくるのは転校してきたときの物珍しさが続いているだけで、決して人気者というタイプではないように思う。とはいえ、それなりに愛想のよい人間だと思っていた彼から、まさか先のような言葉が出てくるなんて想像もできなかったのだ。それは、非常に衝撃的な出来事だった。
「寺岡と一緒に昼飯とか、小山が羨ましい……」
「だったら思い切っておまえから誘えよ。なあ、西?」
 密かに、とは言わないかもしれないけれど寺岡に好意を寄せる倉本も、幾度となく同じことを聞かされてうんざりしている八巻も。二人とも気付いていないだろうし、現状それで上手くいっているのだからわざわざ言う必要はない。
 それからは僕の、小山への見方が少し変わった。それだけのはずだった。
「うるさい!」
 と。小山が声を荒げたあの日。見事にクラスの空気は一変した。小山が被っていた皮を剥いで出ればそうなってしまうと、予想ができていたことだ。
「え……え? 今の、小山?」
「あー……なるほど」
 その後、小山に対する認識も、また変わった。二人と比べて動揺のほとんどなかった僕は、おそらく唯一、安堵していた。それは後日、無意識か、人間らしさが増したと、八巻が小山へ告げた言葉の示すところなのだろう。たぶん、はじめから小山へ違和感を抱いていた。どこか機械的だと感じていた彼の態度に。
 小山の目に映る色は、宮守と寺岡、そして彼自身の三人にだけ与えられているというのは、それは間違いだと気付いた。喧嘩をしていた相手が宮守だったということもあるのかもしれないけれど、寺岡も、あのときは一言を交わすくらいしかしていなかった。クラス中から遠巻きにされて珍しく一人でいる小山の周りに、僕は透明な、けれど分厚い壁が存在しているように見えたのだ。その空間は酷く寒々しくて、とても寂しいものだった。
 そのとき、僕は思った。ああ、彼の周りにはちゃんと色が付いていて、白黒だったのはむしろ小山自身だったのだ、と。一瞬だけ、僕が思っている小山と同じ世界が自分の目にも映った。
 小山が色の付いた世界に憧れているかはわからない。けれど、もし彼自身が彩られた世界の住人になったのならば、一体どんなふうであるのだろう。小山への興味は膨らめど、しぼんでしまうことはなかった。
 特に何を話すわけでもなく、倉本の、あわよくば寺岡とも親しくなれるかもしれないという下心もありつつ、僕ら三人はこれまで通り小山と付き合っていくことを決めた。これまで通りというと少し語弊があるかもしれない。そう、言い換えるならば『これまで以上に積極的に』だ。
 だから、今日も彼に声をかけよう。
 いつかきっと、彼自身彩られた姿で、彼の笑顔がこの目に映るその日のために。
「おはよう、小山」
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
・・――サイト案内――・・
                                日記・イラスト・小説を更新していくブログです                               HNの表記は、ひらがなでも、カタカナでも、漢字でも、アルファベットでも何でもよいです                                ほのぼの・ほっこりした小説を目指してます                                 絵に関してはイラストというより落書きが多いかも…                                                      と、とにもかくにも、ポジティブなのかネガティブなのかわからないtsubakiがお送りします
最新コメント
[04/08 つねさん]
[12/10 クレスチアン」]
[03/18 りーん]
[09/30 弥生]
[08/08 クレスチアン]
ポチッと押してみようか
blogram投票ボタン
プロフィール
HN:
tsubaki
性別:
女性
自己紹介:
ものごとを『おもしろい』か『おもしろくない』かで分けてる“へなちょこりん”です
外ではA型、家ではB型と言われます(*本当はB型)
家族に言わせれば『しゃべりだすとおもしろい』らしい
寒天と柑橘が大好きです^^
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
PR
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501