忍者ブログ
「今日は晩まで絶対部屋に入るなよ?」
天使と悪魔に何度もそう念を押した。今日は由鶴の友達、昇一が家に来るのだ。遊びに来るのではなく勉強をしに。
万が一、天使と悪魔が勉強ができるなんて知られたら少し危なくて面倒くさいような気がした。だから2人を部屋から追い出した。色々と文句を言われたが気にしない。
「前に来たのは春休みだから、半年振りか。知らない間に小さいのが2人増えてたから驚いたぜ」
「それはいいからさっさと始めるぞ」
座卓の上に教科書やノート、問題集、プリントを広げて勉強をし始めた。
一方の天使と悪魔は、
「よし、次はワシの番じゃ」
「……う……ボク、負けそ、う」
「いや、まだわかんないよ」
千鶴も一緒に3人で楽しく遊んでいた。

「……あー、詰まった! ゆづ、これわかる?」
昼を挟んで1時間後、順調に問題を解いていた昇一の手が止まった。
「それはこうだろ」
「さすがゆづ! じゃあこれは?」
「ん? これ?」
問題とにらめっこをするが、
「……しょう、僕もわからない」
由鶴も解けなかった。2人が悩んでいると、バタバタと走る音が聞こえて部屋のドアが勢いよく開いた。
「ゆづ、暇ー!」
入ってきたのはもちろん天使と悪魔。
「おまえら……入ってくるなって言っただろうが」
「……あ、勉強して、る」
座卓の上に広がっている勉強道具に目がいった悪魔は、呆れている由鶴を無視して傍まで行き、由鶴たちが解けないでいる問題を見た。
「……こう」
「へ?」
由鶴のシャーペンを使ってさらさらと答えを書いてみせる。まさかと思って見てみればやっぱり答えは合っていて、由鶴はまた少し悔しい思いをした。悪魔はえっへんと、威張ったポーズをしている。
「すごいな、おまえ! えーと……名前何だっけ?」
「……あ、じゃなく、て、クロ」
悪魔は思わず悪魔と言ってしまいそうだった。本当はそうなのだが。
「こんなに小さいのにこれ解けるんだ? ゆづ、スパルタ教育でもしてんの?」
「するわけないだろ」
「えーと、シロだっけ? シロも解けるの?」
「当然じゃ」
そうだ。しょうは単純というか何というか、こういう奴だった。
「本当にすごいな!」
今回も由鶴の心配はいらなかったようで、すっかり仲良くなっていた。

あっという間に夕方になり、昇一が帰る時間になった。
「前より賑やかになったな、ここ」
「うるさいくらいだけどな」
2人で笑った。
「でもさぁ、いつかは帰るんだろ? シロもクロも」
寂しくなるな、なんて昇一は続ける。
いつかは帰る、か。
そりゃ、ここはあいつらの家じゃないし、そもそも人間じゃなくて天使と悪魔だ。
あれ? でもあの2人っていつ帰るんだっけ?
「……また、あそ、ぼ」
「いつでも来ていいからな!」
「そうだな、近いうちにな」
「おい、お前らの家じゃないだろ」
天使の言葉にすかさず突っ込みを入れる。おかげで考えていたことが飛んでいってしまった。うん、まあいいや。

約束した通り、昇一は早くも次の週末にまた遊びに来た。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
・・――サイト案内――・・
                                日記・イラスト・小説を更新していくブログです                               HNの表記は、ひらがなでも、カタカナでも、漢字でも、アルファベットでも何でもよいです                                ほのぼの・ほっこりした小説を目指してます                                 絵に関してはイラストというより落書きが多いかも…                                                      と、とにもかくにも、ポジティブなのかネガティブなのかわからないtsubakiがお送りします
最新コメント
[04/08 つねさん]
[12/10 クレスチアン」]
[03/18 りーん]
[09/30 弥生]
[08/08 クレスチアン]
ポチッと押してみようか
blogram投票ボタン
プロフィール
HN:
tsubaki
性別:
女性
自己紹介:
ものごとを『おもしろい』か『おもしろくない』かで分けてる“へなちょこりん”です
外ではA型、家ではB型と言われます(*本当はB型)
家族に言わせれば『しゃべりだすとおもしろい』らしい
寒天と柑橘が大好きです^^
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
PR
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501