忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「……ゆづ、自転車」
「自転車?」
聞き返したあとにいつもと違うところに気付いた。
「あれ? 天使は?」
悪魔と一緒にいるはずの天使がいない。辺りを見てみると、少し開いているドアの影に隠れていた。
出てくればいいのに出てこない。不思議に思った由鶴は悪魔に聞いてみた。すると悪魔は幼稚園であったことを話始めた。

幼稚園に自転車がある。前から置いてあった自転車に急に興味が湧いた2人は、友達から乗り方を教えてもらった。数が少ないので悪魔、天使の順で乗ることに。

「ボク、乗れた。……でも、てんちゃん乗れな、かった」
なるほど。それで昨日の晩は妙に静かだったのか。
「あー、でも自転車あったかなぁ……」

「あるわよ、自転車」
何でこんなに物持ちがいいんだこの家は。
母さんが言ったとおり、倉庫の奥にあった自転車を引っ張り出して、今河原に来ている。千鶴も一緒に来た。
「とりあえず後ろ掴んでるからこいでみな」
「……てんちゃん、ふぁい、と!」
軽快に、とは言えないが走り出した。ヨロヨロしながらこいでいたのが大分良くなったので手を放してみたら、見事に横に倒れた。
「う……痛い。だから放すなと言ったではないか!」
膝を擦りむいたがまだ頑張るようだ。千鶴にばんそうこうをはってもらい、自転車に乗った。次から放すときは前もって言っておこう。

30分ほど練習をしたら10m走られるようになった。周りが少し暗くなってきたので今日はこれで止めることにした。
「あと少しだな」
「……てんちゃん、がんば、った」
まだ自転車に乗られないことが悔しいのかしょぼんとしている。「また明日頑張ればいいじゃないか。それに千鶴は小学2年生まで乗れなかったんだし」
由鶴が意地悪そうに千鶴に言うと頬を赤くして膨らませた。
「そうだったのか……」
「た、たしかにそうだったけど、今はもう乗れるもん!」
兄に文句を言ったあと、天使のほうを向いて、
「だからさ、シロちゃんも乗れるようになるよ、きっと」
ね。笑顔でそう言うと天使に明るさが戻った。
「うむ!」
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
・・――サイト案内――・・
                                日記・イラスト・小説を更新していくブログです                               HNの表記は、ひらがなでも、カタカナでも、漢字でも、アルファベットでも何でもよいです                                ほのぼの・ほっこりした小説を目指してます                                 絵に関してはイラストというより落書きが多いかも…                                                      と、とにもかくにも、ポジティブなのかネガティブなのかわからないtsubakiがお送りします
最新コメント
[04/08 つねさん]
[12/10 クレスチアン」]
[03/18 りーん]
[09/30 弥生]
[08/08 クレスチアン]
ポチッと押してみようか
blogram投票ボタン
プロフィール
HN:
tsubaki
性別:
女性
自己紹介:
ものごとを『おもしろい』か『おもしろくない』かで分けてる“へなちょこりん”です
外ではA型、家ではB型と言われます(*本当はB型)
家族に言わせれば『しゃべりだすとおもしろい』らしい
寒天と柑橘が大好きです^^
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
PR
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501