忍者ブログ
「おぉ」
「……広い」
天使と悪魔は由鶴たちと一緒に、前に約束していたプールに来ていた。プールといっても、小さい子用の滑り台があるものと学校にあるような25mのもの、それと深い(天使たちは沈む)ものがある市民プールで、レジャープールではない。
「たしかに幼稚園のプールに比べたら大分広いだろうな」
実は天使と悪魔の2人は、すでに幼稚園のプールで泳いだことがある(水着を買いに行ったのはそのため)。だが、規模があまりにも違うので驚いているのだ。
水着に着替えると2人ははしゃいでプールへ向かった。
天使と悪魔と母さんは小さいプール、由鶴と千鶴は深いプールにいた。由鶴は千鶴と話ながら適当に泳いでみたり沈んでみたりプカプカ浮いてみたりした。うん、意外とおもしろい。
「ゆづっ!」
小さいプールで遊んでいたはずの天使たちがすぐそこのプールサイドにいた。入れ替わりで、たまたま友達と会った千鶴は25mプールのほうへ移動した。
「……足、届かな、い」
天使と悪魔はうきわを使って浮いていた。足をバタバタさせているのか、少しずつ前に進んでいる。
「深いから気を付けろよ」
「はーい」
まあ目を外す気はないが。
「ゆづくん、母さん日陰があるところに移動するから」
ほんの一瞬だったと思う。呼ばれて母さんの方を向いた。
「わかった」
返事をしたら腰をあげた母さんがあら? と言った。
「シロちゃんとクロちゃんは?」 はっとして周りを見たがいない。2つほどうきわだけが浮いているのが見える。
まさかと思い下を見てみると……いた。2人そろって沈んでいる。急いで引き上げた。当の沈んでいた2人は溺れたようすもなくけろっとしている。
「……仲良く沈んでるなよ」
由鶴は呆れていた。
「全然浮かばんから途方に暮れておったんじゃ。助かったな、あーちゃん」
「……うん」
浮かばないと言うから、仰向けにしてみたらブクブクと沈んでいった。うきわがあってよかったと思う。
大きな騒動にならずに済んでほっとした由鶴だった。

今日わかったこと。天使と悪魔は、羽をつけて飛ぶことはできるが水に浮かぶことはできない(たぶん羽があっても沈む)。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
・・――サイト案内――・・
                                日記・イラスト・小説を更新していくブログです                               HNの表記は、ひらがなでも、カタカナでも、漢字でも、アルファベットでも何でもよいです                                ほのぼの・ほっこりした小説を目指してます                                 絵に関してはイラストというより落書きが多いかも…                                                      と、とにもかくにも、ポジティブなのかネガティブなのかわからないtsubakiがお送りします
最新コメント
[04/08 つねさん]
[12/10 クレスチアン」]
[03/18 りーん]
[09/30 弥生]
[08/08 クレスチアン]
ポチッと押してみようか
blogram投票ボタン
プロフィール
HN:
tsubaki
性別:
女性
自己紹介:
ものごとを『おもしろい』か『おもしろくない』かで分けてる“へなちょこりん”です
外ではA型、家ではB型と言われます(*本当はB型)
家族に言わせれば『しゃべりだすとおもしろい』らしい
寒天と柑橘が大好きです^^
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
PR
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501