忍者ブログ

 期末テストが終わり採点済みの解答用紙も返ってきた。なかなかにいい点が付いているので、これなら今学期の成績も悪いということはないだろう。問題なさそうである。
「小山、もうすぐ夏休みだな!」
 一学期、残すところあと数日。多くの学生にとって楽しみで堪らない夏休みがやってくる。
 聡太はといえば、去年はアルバイト三昧の日々を送っていた。それまでも桔平の家で過ごすことが多く、その代わりとして店の手伝いをするのがお決まりだった。つまるところ伯父の家にいる時間をいかに少なくするために尽力していたのだ。今年も変わらずそうするつもりでいる。
「海に行こうよ、海!」
「行かない」
 何故休みの日に修たちと遊びに、それも海に行かなければならないのか。更には修の祖父母の家へ行くという旅行の話にまで発展して、驚いた聡太の手からシャーペンが落ちた。
 聡太が修の家にお邪魔したのはあの日の一度きりだった。それきり修の家族ともちろん顔を合わせてなどいない。なんでも弟たちが会いたがっているので今回誘ったのだそうだが、聡太の知ったところではないし、ただのあの一回でなつかれた覚えはなかった。
 兄に限らず弟妹まで変わり者だとしたら……。
 それを考えるだけで聡太は震えた。
「どう?」
「行かない」
 一字ずつ、力を込めて拒否する。にもかかわらず修と花は諦める様子を見せず、それどころかあれにこれにと聡太の興味を引くべく様々な情報を提示する。
「な! どう?」
 席を立つ間際、最後にと今までで一番強く推す。このまま二人の勢いに押されそうになるのを踏ん張って、聡太も一際強く断った。
「だから、行かない!」
 そう、行かないと言った、はずなのに。
 夏休みに突入したある朝。聡太は修に指定された駅にいた。
「何でこんなことに……」
 自分でもわからないうちにあと一日足りなかった休日をなんとかもらい、足りないものを調達し、きちんと鞄に詰め、こうして早めに駅に着いていた。
 今から帰ってもまだ間に合うかもしれない。そうだ、帰ろう。
 そう思って出口に向かおうとしたところだった。
「小山くーん!」
 なんともいいタイミングで発見された。見ると花だけでなく修と、その兄弟みんながいる。ぱっと見は大所帯。あの中に自分も入るのかと、想像して若干頬が引きつったが、もうここまで来たのだからどうにでもなれと半ば自棄になりながら修たちと合流する。
「荷物少なくねえ?」
 言われてみると聡太の荷物は、同じ男でも修より小さい鞄に収まっている。本当に最低限の荷物しか入っていない。夏休みの課題もこの泊まりでできる量ほどを持ってきた。修だけでなく花までも尊敬の眼差しで見ているということは、二人ともあれもこれもと持ってきたのだろうと容易に察することができた。
 とにもかくにも、切符もしっかり人数分購入し、問題なく電車に乗ることができそうだ。
 三泊四日。今までとは違う、特別な夏の思い出が始まる。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
・・――サイト案内――・・
                                日記・イラスト・小説を更新していくブログです                               HNの表記は、ひらがなでも、カタカナでも、漢字でも、アルファベットでも何でもよいです                                ほのぼの・ほっこりした小説を目指してます                                 絵に関してはイラストというより落書きが多いかも…                                                      と、とにもかくにも、ポジティブなのかネガティブなのかわからないtsubakiがお送りします
最新コメント
[04/08 つねさん]
[12/10 クレスチアン」]
[03/18 りーん]
[09/30 弥生]
[08/08 クレスチアン]
ポチッと押してみようか
blogram投票ボタン
プロフィール
HN:
tsubaki
性別:
女性
自己紹介:
ものごとを『おもしろい』か『おもしろくない』かで分けてる“へなちょこりん”です
外ではA型、家ではB型と言われます(*本当はB型)
家族に言わせれば『しゃべりだすとおもしろい』らしい
寒天と柑橘が大好きです^^
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
PR
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501