忍者ブログ
<修>

 新学期から転入生が来るという情報を見事に手に入れた俺たちは、あまり大きくない学校なだけに期待をしながら始業式を待った。もちろん自分たちのクラスに来るかはわからないけど、それはもう、俺としては後輩が入ってくるよりも楽しみにしていたわけだ。
 楽しみにしていた、わけなのだけど。
「小山聡太です」
 お世辞にも明るいとはいえない雰囲気の、けれども整った顔をした転入生。
 うんうん、それからと待っているが。
 シーン、と。静かな沈黙の間。
 俺たちは小山が話すのを静かに聞こうとしていたし、小山はそれ以上話そうとしないしで余計に静まり返っていた。小山の横にいる白樺先生が笑いを堪えているのを、俺は見たぞ、しっかりと。
 その後も、一言たりとも小山の口から出ることはなく、教室には何とも言えない不思議な空気が漂っている。
「ねえ、修くん。あたし、小山くんと目が合っちゃったかも」
 きゃっ、なんて話しかけてきた花のような奴は極々まれで、大半の奴は、小山の周りにいるのも含めて様子見状態。まして話しかけているのなんて、今のところ誰も……って、マジか。
 うーん……。これはアレじゃないか。ちょっとばかし不味いような。あいつ浮いちゃうんじゃないかな。いや、もちろん物理的にではなくてね。
 少なくとも『お友達になりたい』空気じゃないことはたしかだ。戸惑いや何やらごっちゃごちゃ。
「なんだかなあ。小山くん、ぶきっちょさんかねえ」
「まあな……ん?」
 当の小山は今席を空けている状況下での花の発言。もしかして、この流れで上手いこといけたりして。
「こーんな大勢の知らない人間に一人注目されたら、そりゃ緊張くらいするかもな」
 少し声のボリュームを盛って言ってみた。これなら周りにも聞こえるに違いない。
「花ならわかるだろ?」
「なるほど! それは緊張しちゃうね! あ、だからぎこちなくて硬かったのかな」
「それならしょうがないよな。だったらやることは一つ。俺たちが歓迎ムードを出すべき!」
 打ち合わせなんてものしなくても、声も内容も、いい具合に乗ってきてくれた花と重ねに重ねる。すると、俺たちの周りにいる奴からじわじわと小山に対する警戒心が緩んでいった。
 クラス全体に染みたかなというちょうどそのとき、小山が教室に戻ってきた。瞬間、何故か広がる緊張。今までの雰囲気は一体どこへ行ってしまったというのか。さっきより幾らかましになったとは言っても、これは、振り出しに戻る、だ。俺は一気に気が抜けてため息を吐いた。
「修くん、どうかした?」
「……何でもない」
 結局その日、まともに小山と話した勇者は放課後の俺と花だけで、みんなが行動を起こしたのは次の日からとなった。
 まさか、そんな小山に人生を変えられるなんて、このときは思いもしなかった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
・・――サイト案内――・・
                                日記・イラスト・小説を更新していくブログです                               HNの表記は、ひらがなでも、カタカナでも、漢字でも、アルファベットでも何でもよいです                                ほのぼの・ほっこりした小説を目指してます                                 絵に関してはイラストというより落書きが多いかも…                                                      と、とにもかくにも、ポジティブなのかネガティブなのかわからないtsubakiがお送りします
最新コメント
[04/08 つねさん]
[12/10 クレスチアン」]
[03/18 りーん]
[09/30 弥生]
[08/08 クレスチアン]
ポチッと押してみようか
blogram投票ボタン
プロフィール
HN:
tsubaki
性別:
女性
自己紹介:
ものごとを『おもしろい』か『おもしろくない』かで分けてる“へなちょこりん”です
外ではA型、家ではB型と言われます(*本当はB型)
家族に言わせれば『しゃべりだすとおもしろい』らしい
寒天と柑橘が大好きです^^
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
PR
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501