忍者ブログ
<成>

 花ちゃんを含むうちの上二人は、恋愛に関して鈍い。相当鈍い。すこぶる鈍い。本当に、鈍い。感覚がないんじゃないかと思いたくなるほどの鈍さを発揮する。
 まだ二人が中学生だった頃の話、兄貴のことを好きだという人間が一人、二人、少なからずいたということを俺は知っている。おそらく兄貴のモテ期だ。一方の花ちゃんは、兄貴なんか目でもないほど男子からの人気を得ていて、それは同級生に限らず後輩から、聞くところによると先輩からも支持があったらしい。兄貴と一緒にいることが多かった花ちゃんは結果的にその他の男子とも交流を持ったことも大きいのだろう。
 しかしながら、兄貴はともかくとしても、花ちゃんさえその矢印に気付くことなく今に至る。知っているのは周りの人間だけだった。理由としては、二人にとって愛だの恋だのというものに興味がないというわけではないが、かといってなくても困らないものだったからに違いない。
 そんな具合だから、花ちゃんなんかは余程押しの強い人間が現れない限り誰かと付き合うことはないだろうと踏んでいたというのに。まさか花ちゃん単品で聡太さんにあんなぐいぐいいくとは思っていなかった。いつもは兄貴と三人セットだから安心していたのだ。みんなが寝ている夜に二人きりとか、正直羨ましい。
 とはいえ、はじめから聞いているけど、どうにもそっち方面に流れる様子もなく、家族や家に対する価値観のような話をしている。人生相談のようなものだろうか。よく理解はしていないけど、やっぱり兄貴が連れてきただけあって聡太さんも『わけあり』のようだ。
 まあ、だからといって別に遠慮とかしないけど。

 可能性は早いうちに潰しておくに限る。元々三日目に海へ行く予定でしかも晴れているし、これだと思った。女の子の水着姿は好きな人にアピールする絶好の機会だ、たぶん。照はというと、色気がどうのというよりスポーティっぽいビキニタイプで、あからさまにため息を吐くと照から抗議の声が上がる。兄としては『ビキニ』という時点で色々言いたいところではあるが、もうちょっと、フリルが付いているとかそういう柔らかい感じでスカートが付いているとかあっただろうに。たしかに照は着そうにないけど、そう、まさに花ちゃんが着ているようなやつだよ、あれだよ。
 海で遊ぶのに聡太さん誘いなよ、と照に提案してみた。照が聡太さんと上手くいけば万事解決、とは言わないけど、それだけ可能性は低くなる。その上照の慌てふためく姿を見られて、一石二鳥どころか三鳥だ。とてもおいしい。妹を利用する酷い兄の図に見えなくもないけど、あくまで利害一致の上での考えであって、純粋に妹の恋を応援する気持ちが地にある。本当だって。
 提案してみたものの、本人が無理と言って頷かないので、仕方ないと自分で聡太さんのところまで歩く。水着になって初めて気付いたのが、聡太さんが本当に細かったこと。ガリガリとまではいかないにしても、兄貴とは違って細いと言われる俺より細い気がして、少し心配になった。もしかして家ではあまりいい扱いをされなかったのだろうか、心労だろうか。俺はすぐに根を上げてしまいそうだった手伝いも自分から進んでするし、勉強を教えてくれるのも丁寧だし、周りに気を配れるところも、すごいと思う。今までどれだけ頑張ってきたんだろう。その努力も顔には出さずに、むしろ何でもないというようにしている。なんだか兄貴や花ちゃんが聡太さんにお節介をする気持ちもわかる気がした。
 そんな聡太さんはさっきまで兄貴たちに付き合わされて疲れたのか、特別に何かをするわけでもなく、波打ち際で足をただ海につけている。名前を呼ぶとこっちを向いてくれた。
「少し深いところまで行ってみませんか? 危なくないところですし」
 腰あたりくらいまでの深さなら問題ない。それだけつかっていればあまり暑くないし冷え過ぎもしないし。とりあえず聡太さんを誘って、その流れで照を呼び、ちょっとして俺が離れれば二人きりになれるだろう。兄貴と花ちゃんは拓と陸の相手をしている。うん、大丈夫そうだ。
「あ……実を言うと、その、泳げなくて」
「え? そうだったんですか」
 兄貴から聞く限り運動神経は悪くないと思っていたんだけど……。ああ、そういえば、あの高校は水泳の授業なかったっけ。
 意外な事実に驚きつつも、聡太さんでも欠点があったことに安堵する。完璧超人とかそういうのじゃなくてよかった。聡太さんの場合、何でもやってのけそうで冗談にならない。
 それならばと、泳がなくてもいいし浮き輪もあると言ってみるけど、微妙な顔をされた。俺は何も変なこと言っていないはず。
「いや、浮くのは浮くんだ」
「なあんだ、じゃあ、あとは手と足で泳げるじゃないですか」
 泳げない人は浮けないことが原因だったりするし、それは泳げる一歩手前の状態ではないだろうか。
「それが、進まなくて」
「へ?」
「小さい頃から教えてもらったり練習もしたりしたんだけど、一向に前に進む気配がなくて。最後に教えてもらった人には匙投げられたくらい。不思議だよね」
 一瞬呆然として固まった後、静かに目を横に滑らせた。
 どういうこと? 浮いて手も足も使うのに進まないなんて謎過ぎて怖いんだけど!
「……その、水泳の授業がなくてよかったですね」
「本当に」
 苦手なことのはずが思いがけず何やら触れてはいけないものに触れてしまった気分になった俺はそのことを自分の胸の内に秘め、照たちのいる砂浜のほうで遊ぶことを提案した。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
・・――サイト案内――・・
                                日記・イラスト・小説を更新していくブログです                               HNの表記は、ひらがなでも、カタカナでも、漢字でも、アルファベットでも何でもよいです                                ほのぼの・ほっこりした小説を目指してます                                 絵に関してはイラストというより落書きが多いかも…                                                      と、とにもかくにも、ポジティブなのかネガティブなのかわからないtsubakiがお送りします
最新コメント
[04/08 つねさん]
[12/10 クレスチアン」]
[03/18 りーん]
[09/30 弥生]
[08/08 クレスチアン]
ポチッと押してみようか
blogram投票ボタン
プロフィール
HN:
tsubaki
性別:
女性
自己紹介:
ものごとを『おもしろい』か『おもしろくない』かで分けてる“へなちょこりん”です
外ではA型、家ではB型と言われます(*本当はB型)
家族に言わせれば『しゃべりだすとおもしろい』らしい
寒天と柑橘が大好きです^^
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
PR
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501