忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ゆづ兄ちゃーん、ここ教えてー!」
「僕も自分の勉強がしたいんだけど……」
由鶴と千鶴はテスト勉強の真っ最中。天使と悪魔は2人の邪魔にならないように隅のほうで遊んでいた。由鶴は千鶴に解き方を教えてから自分の勉強に戻る。
「数学、基礎問題は解けるんだけど応用問題がなかなか解けなくて」
「……すう、がく……?」
数学という言葉に反応した悪魔は千鶴のそばへ寄っていった。天使も悪魔のあとについていく。
「ボクにも……見せ、て」
千鶴が使っている数学の教科書を指差す。
「クロちゃん、これが見たいの?」
頷いたあと、千鶴から教科書をもらう。
「これ……わか、る」
「わかるの? すごい! ゆづ兄ちゃん、クロちゃんがこの問題わかるって!」
「これならワシもわかるぞ」
悪魔の横から覗いていた天使もわかると言い出した。そんなバカなと思いながらも由鶴は2人に紙と鉛筆を渡す。すると2人はすぐに答えを書き込んだ。答え合わせをしてみると、
「あはは……全部合ってる」
千鶴は、すごい、と言って天使と悪魔の頭を撫でた。
問題を解いたことに満足したのか、次に悪魔は苦笑いをしている由鶴のそばへ行く。机の上を見ると数学の教科書とノート、問題集が置いてあった。ちょうど由鶴も数学を勉強していたらしい。ノートを覗いて、あ、と声をこぼした。
「間違い……ある」
まさかと答え合わせをしてみると、悪魔の言う通り間違いが1問だけあった。
「すごいね、クロちゃん。もしかしたらゆづ兄ちゃんより上かもね!」
えっへんと威張るポーズをとる悪魔に敗北感を感じた由鶴。
「ねえ、2人とも。わからないところがあったら教えてくれる?」
その上悲しいことに、もう用無しになりかけていた。

後日、天使と悪魔にはそれぞれ得意科目と苦手科目があることがわかった。
落ち込みかけていた由鶴はというと、千鶴からちゃんと必要とされていることがわかり立ち直ったらしい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
・・――サイト案内――・・
                                日記・イラスト・小説を更新していくブログです                               HNの表記は、ひらがなでも、カタカナでも、漢字でも、アルファベットでも何でもよいです                                ほのぼの・ほっこりした小説を目指してます                                 絵に関してはイラストというより落書きが多いかも…                                                      と、とにもかくにも、ポジティブなのかネガティブなのかわからないtsubakiがお送りします
最新コメント
[04/08 つねさん]
[12/10 クレスチアン」]
[03/18 りーん]
[09/30 弥生]
[08/08 クレスチアン]
ポチッと押してみようか
blogram投票ボタン
プロフィール
HN:
tsubaki
性別:
女性
自己紹介:
ものごとを『おもしろい』か『おもしろくない』かで分けてる“へなちょこりん”です
外ではA型、家ではB型と言われます(*本当はB型)
家族に言わせれば『しゃべりだすとおもしろい』らしい
寒天と柑橘が大好きです^^
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
PR
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501