忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 おかしい。
 おかしい。おかしい。おかしい。おかしい。
「何か変!」
 花の頬は膨れていた。原因は聡太と修にある。
 年末に二人の間が少しギクシャクしているなと思っていたら、ここ数日は逆に二人して何やらこそこそし始めたのだ。何をしているのか聞いたって教えてはくれずに話を逸らしてしまう。二人とも隠し事が下手だから、いくら鈍い花とはいえ、怪しいと勘付いてしまうというのに。
 そして一番納得がいかないのは、自分は除け者で聡太と修の二人だけというところ。今日だって二人で先に帰ってしまったのだ。そこに限って言えば、花は部活があるから仕方のないことなのだけれど。
「……おもしろくなーい!」
 うがー! と。おおよそ女子らしからぬ叫び声を上げながら部室まで全力疾走していった。

 聡太は目の前の男を、いい加減にしろよ、おまえと半ば冷めた目で見ていた。
 進路について話すと宣言してから一週間は優に経っていた。もう二月も終わりが近い。しかも今は修と成の部屋の前だというのに、ここに来てまだ二の足を踏んでいる。さっさと腹を括ってしまえ。
 じいっと横で睨み続けていると、不安そうに落ち着かない修がぱっと聡太を向いてそれに気付く。聡太は何も言わなかったがその無言の圧力に耐えかねて、ううと唸った。そして観念して深呼吸をすると戸をノックした。
 ちなみに襖である。不格好な音が響いた。戸を開けた先には机に突っ伏して震えている成がいた。笑っている。
 改まった様子で正座をする修は目がキョロキョロと落ち着かない。自分の部屋でもあるこの空間で一番居心地が悪いのは、聡太ではなく修だ。
「な、成、ちょっと、その……実は話が」
「ちょっと待った」
 シリアスな空気も何のその。修の言葉を遮った成は、修と聡太を残して一旦部屋を出ていった。
 暫し固まったまま彼を待ち、戻ってきた成は椅子に座り直すと、どうぞと言って話を促す。再び緊張で力が入る修が、
「……し、進学、がしたいんだ。その、保育士、に、なりたくて」
 言った。ちゃんと、成に言えた。
 強張った面持ちで見つめる修に、けれど成が返したのは意外な言葉だった。
「うん、すればいいんじゃない?」
 修の顔は、ポッカーン、だ。気にせず成は続ける。
「兄貴のことだから勝手に一人で、あとに控える俺とか照のために就職するのが一番だ、とか考えてたんだろうけど」
「……へ? だ、だって成たちのほうが勉強できるし」
「そういう話じゃないでしょ。そもそも俺、進学するつもりないよ」
 興味がないと言い切った成は普段通りの彼で、終始声色も表情も全く起伏がなく落ち着いていた。
「みんなおんなじこと言うと思うよ。大好きな兄貴の夢に反対する奴なんて、残念ながらうちにはいないんですよー」
 さらりと、当然のことのようにそう言える成がとてもかっこよく聡太の目に映った。そのまま成は席を立ち、修を通り過ぎて聡太の隣に移動する。
「さあて、兄貴。一段落したところで、他にも話す相手、いるんじゃないの?」
 聡太が成とアイコンタクトして頷くと、後ろの戸を勢いよく開けた。
「……は、な? へ、あ、と……何で?」
 戸惑いを隠せない修に成はにやりと笑う。部屋の前に立つ花の頬には涙の筋が残っていた。そして、怒っていた。全部聞いていたのだ。そう、成が一度部屋を出て戻ってきてから、ずっと。
「修くんの、馬鹿あ!」
 これまた勢いよく突進してきた花に倒れ込んだ修が、ようやくことの状況を理解したようで、小山あ……と恨めしそうに聡太を睨む。聡太は目を逸らしながらも素直に謝った。だって花に、教えてくれるまで逃がさないと迫られたのだ。修に申し訳なく思いながら、けれど花に負けた。
 聡太と成は部屋を出る。その間際、
「あ、照は大学行きたいみたいだから、そのあたりは考えておいてね」
 言い残されて戸も閉められた。
 小さい、花が泣いている音だけが響いた。その途切れ途切れに、何で自分には話してくれなかったのだと修を責める。
「いや、だってかっこ悪いじゃん」
「そんなの今更じゃん……かっこ悪いのも修くんじゃん……」
 花の言葉にぐうの音も出ない。再び言葉が詰まる。これはグッサリときた。聡太も成も、花も痛いところを突いてくるものだ。
「あたしは、修くんの何なのさ……」
 馬鹿馬鹿と繰り返し呟く花に修が宥めるように頭を撫でながら、次からは真っ先におまえに言うよと約束すると、小さく、うんと返ってきた。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
・・――サイト案内――・・
                                日記・イラスト・小説を更新していくブログです                               HNの表記は、ひらがなでも、カタカナでも、漢字でも、アルファベットでも何でもよいです                                ほのぼの・ほっこりした小説を目指してます                                 絵に関してはイラストというより落書きが多いかも…                                                      と、とにもかくにも、ポジティブなのかネガティブなのかわからないtsubakiがお送りします
最新コメント
[04/08 つねさん]
[12/10 クレスチアン」]
[03/18 りーん]
[09/30 弥生]
[08/08 クレスチアン]
ポチッと押してみようか
blogram投票ボタン
プロフィール
HN:
tsubaki
性別:
女性
自己紹介:
ものごとを『おもしろい』か『おもしろくない』かで分けてる“へなちょこりん”です
外ではA型、家ではB型と言われます(*本当はB型)
家族に言わせれば『しゃべりだすとおもしろい』らしい
寒天と柑橘が大好きです^^
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
PR
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501