忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「おいしいのう、これは」
「……初めて食べ、た……」
今はみんなで昼食をとっているところ。初めは出されたうどんをジーッと眺めていたり、嗅いでいたり、警戒したりしていた。箸の使い方を知らないみたいで、フォークを使って食べている(フォークの使い方も知らなかったようで、机やうどんをグサグサと刺していた)。
「食べ終わったら『ごちそうさまでした』って言うのよ」
こうやって。
母さんが合掌をして、ごちそうさまでしたと言う。それを真似て、2人はごちそうさまでしたと言った。
「おまえたち、向こうで何を食べていたんだ?」
「何をと聞かれても」
「……何も」
食べ物というものを食べたのは初めてと言う。何も食べなくても平気らしい。
天使と悪魔は由鶴の部屋まで走っていき、ドアを開けるなり驚いた顔をした。由鶴もそこへ行けば固まった。
部屋の窓に小さい生き物が2つ(20cm程しかない。ぬいぐるみみたいだ)、引っ付いているのだ。
見なかったことにしたかったが、そういうわけにもいかないので開けて中に入れてやった。
「あービックリした。なんじゃ、フーとムーじゃないか」
「……フーと……アホ、ムー」
「誰がアホだ、バカ悪魔!」
悪魔とムーと呼ばれた黒い生き物は、いがみ合ってはいたが、絶対仲が良いと由鶴は思った。
「ところで、どうしたんじゃ?」
フーと呼ばれた白い生き物が何かを思い出したように、ポンッと手を叩いた。そして、籠らしき物を出した。何かが入っている。その『何か』を見た天使と悪魔は喜んでいた。
「あちらで見つかったので持ってきました。女神様からの伝言で、はよう残りも見つけてこい、とのことです」
それではと言って、フーとムーは帰っていった。最後まで悪魔とムー互いの悪口を言い合っていた。きっと、いつもこんな感じなのだろう。こういう関係もいいなぁ、と思ったりしてみた。
ところで……。
「それ、何だ?」
「羽じゃ」
「へー……って、えぇ!?」
あまりに小さいので羽だなんて思わなかった(ちなみに由鶴の掌サイズ)。ていうか、羽って着脱可能……?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
・・――サイト案内――・・
                                日記・イラスト・小説を更新していくブログです                               HNの表記は、ひらがなでも、カタカナでも、漢字でも、アルファベットでも何でもよいです                                ほのぼの・ほっこりした小説を目指してます                                 絵に関してはイラストというより落書きが多いかも…                                                      と、とにもかくにも、ポジティブなのかネガティブなのかわからないtsubakiがお送りします
最新コメント
[04/08 つねさん]
[12/10 クレスチアン」]
[03/18 りーん]
[09/30 弥生]
[08/08 クレスチアン]
ポチッと押してみようか
blogram投票ボタン
プロフィール
HN:
tsubaki
性別:
女性
自己紹介:
ものごとを『おもしろい』か『おもしろくない』かで分けてる“へなちょこりん”です
外ではA型、家ではB型と言われます(*本当はB型)
家族に言わせれば『しゃべりだすとおもしろい』らしい
寒天と柑橘が大好きです^^
フリーエリア
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
PR
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501